髪に色が付く理由と色がなくなる理由

若いうちに白髪が生えてしまうと、「なんで自分だけ白髪が生えるのだろう」、「いったい何が原因で白髪になってしまうんだろう」、と悶々と考えて込んでしまうものです。

とくに学生の間では、信ぴょう性のない、ウワサまがいの情報が飛び交うこともありますよね。

でも、きちんと白髪ケアをするなら、白髪は何が原因でできてしまうのかを正しく知ることです。

髪に色がつくのは、毛根のメラニン細胞がメラニン色素を作り出すためです。

そして、髪の色は、赤オレンジ系のフェオメラニンと黒系のユーメラニンの比率によって決まるとわかっています。

そのため、同じ日本人であっても、人によって黒色の濃さや色合いが違ってくるんですね。

白髪の人は、何らかの影響によりメラニン色素を作りだす働きが低下させられており、そのせいで髪の色に色味が出ないわけなのです。

そこで気になるのが、その「何らかの影響」です。

この影響に関しては、「絶対コレ」というのは現時点ではわかっていません。

しかし、加齢や体質、生活習慣、ストレス、間違ったヘアケアなどが原因の可能性として挙げられており、これらの原因の可能性が複雑に絡み合って白髪を作ってしまうと言われているのです。

学生のうちは、よく「親も白髪だから私も」と遺伝を疑う人も多いですが、実際には「遺伝で白髪になる」ということは立証されていません。

しかしながら、白髪になりやすい体質は遺伝することがわかっています。

白髪染めには抵抗があるかもしれませんが、白髪染めで一時的に対処しつつ、かつ生活習慣等を改めながら白髪を増やさない努力をすることが大切です。

注目ページ:http://www.skincare-univ.com/article/003870/

Comments are closed.